ダーツの歴史

14世紀ごろのイギリス

百年戦争終結後に発生した薔薇戦争の頃、兵士がワイン樽に向けて矢を放った遊びから始まったとされています。

やがて、弓を使用せず矢を手で投げるようになり、矢も現在の短い形に変化。

また、的もワイン樽から木を輪切りしたものへと変わり、木の年輪や乾燥によるひび割れが現在の得点システムの基となっているといわれています。


ちなみに現在の得点システムは、1896年にイギリスで作成されたものが使用されています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。